すくすく育つのだよ。

(おもとの丘奮闘記④)

カボスの植え付け作業を開始しました。


先日まで苗の植え付け準備を行なってきましたが、

いよいよ、植え付け作業に入りました。


柑橘類の植える時期としては、まだ休眠して芽の出ていない時期、かつ、あまり寒くない時期が良いとされています。まさに3月~4月上旬が適期となります。


昨年は、造成工事の遅れなどから一部の圃場では5月

までずれ込んで植えました。

やはりというか予想通り、その後の生育は思わしくありませんでした。




助っ人を呼びました。

時期が限られるので、一気に植えなくてはなりません。社員だけでは間に合わないので、助っ人を呼ん

で皆で作業を行なっています。


(シルバー軍団)

毎日3~4名の70歳代の方々に来てもらっています。まだまだ元気。若いものより仕事が丁寧で助か

っています。







(県立農業大学校生)

たまたまこの時期に、大分県立農業大学校の生徒3名をインターン研修として受け入れました。(わずか2日間でしたが)


君たちは本当にいい時期に来たね。しっかり勉強して

帰っておくれ。









丁寧に植える。

カボスの苗は、人間でいえば赤ん坊と一緒。丁寧に扱います。


・次に植える苗は、苗圃から堀り上げて水に漬けてお

 きます。

・植え付け作業の合間も、根が乾かないように株際を

 ビニールで覆っておき、一本ずつ取り出して植えま

 す。

・植えるときは、細かい根をできるだけ傷つけず、根

 の間に細かい土を押し込むように丁寧に植えます。




・水をたっぷりやります。

 水分補給の意味だけではなく、細根の間に土がうま

 く入るように、水を入れた後、苗を軽くゆすったり 

 上下させたりします。











植え付け完了

今春植え付け予定の3枚の圃場の内、1枚の圃場で

植え付けが完了しました。


3-1圃場 約80a (8000㎡)



エカキムシやかいよう病に負けず。

台風にも倒れずに。

すくすく育っておくれ。




                                       (「おもとの丘」の長老)  



















閲覧数:59回0件のコメント