コラッ! 鹿

( おもとの丘奮闘記 ㉜)



農園の周りにウジャウジャいます

 このブログで3月に「コラッ!野うさぎ」を書きましたので、今回は「コラッ!」シリーズの第2弾で「鹿」を取  

 り上げます。

 

 おもとの丘農園は、名前の由来となった霊峰御許山(おもとさん)の麓にあり、深い森に囲まれていますので野生

 動物がた~くさん生息しています。イノシシ、鹿、野うさぎ、アナグマ、キツネ、タヌキ・・・。それこそウジャ

 ウジャと。その中でも鹿はちょっと厄介なのです。


 かぼすやゆずの果実は酸っぱいからか、野生動物は食べません。ところが、鹿と野うさぎは葉を好んで食べます。

 イノシシは葉にも興味がなく、ミミズなどを探すためにひたすら土を掘り返して、苗まで掘り返して枯らしてしま

 います。(イノシシについては、コラッ!シリーズ第3弾で後日)

                                 (かぼす園の横をうろうろしている鹿)


かぼすの葉はいい香り

 かぼすの葉をもんで香りを嗅ぐと、とても良い香りがします。かぼす以外の香酸柑橘類(ゆず、レモン)も鹿によ

 く食べられます。どうもこのフレーバーが、鹿にはたまらないようなのです。



食べた跡を見れば鹿の仕業とすぐわかる




( 鹿の食害跡 )


 鹿が葉を食べるときは、くわえて引きちぎります。

 葉の食べ残しを見れば、犯人が分かります。











 部分的に丸坊主にされた枝。この枝には来年実は成

 りません。


 しかし樹がかなり大きければ、一部食べられても全

 体としてはさほど影響はありません。














幼木の葉が食べられると、生育に大きく影響する

 かぼすの樹が大きくなって部分的に葉を食べられても、さほどの被害はありません。しかし、植えて1年目や2年

 目の苗が小さい時に葉をほとんど食べられると、生育が著しく劣るようになります。





( 葉をほとんど食べられた幼木 )



 葉は光合成を行なってデンプンを作り、枝や根を成

 長させます。

 葉がないと生育は遅くなる。










 



( 幹の皮を食べられた苗 )



 皮は篩管(しかん)部で、葉でできた養分を根など

 に送る重要な組織。


 この苗は枯れました。 














鹿よけの柵を作ればよいのでは?

 そうです、柑橘類を山の近所で栽培する場合、防獣柵は必須です。農家によっては電気柵を設置しているところも

 ありますが、防獣柵と電気柵では一長一短があります。おもとの丘では、物理的に防ぐ防獣柵で対処しようとしま

 したが・・・。


防獣柵も試行錯誤の連続



 〇最初の防獣柵は安い市販品の柵。

  

  軽量のポールとナイロンネットの組み合わせで、

  ほとんど役に立ちませんでした。


  ネットは食い破られ、ポールも押し倒され。


  最初はなめていました。




 



〇補強、改良型


  下半分にワイヤーメッシュ(金属製の柵)を入  

  れ、ポールの補強及び食い破り防止。


  ほぼ効果はあったが、地際部を掘られたりワイヤ

  ーメッシュをひん曲げられてイノシシが侵入した

  個所もありました。


 





 〇国庫事業で設置した柵


  令和2年度、3年度に国庫事業で造成、植栽した

  園地は、造成工事とセットで防獣柵も設置しまし

  た。さすが国庫事業、ちゃんとした防獣柵で今の

  ところ被害はありません。







ワナで捕まえたらどうか

 農園開始初期のころ、社員はワナの狩猟免許を取得していました。何個か仕掛けておいたくくりワナの一つに小鹿

 がかかっていました。バンビのようなかわいい小鹿でしたので、止め刺し(とどめを刺すこと)ができず、知り合

 いの猟師さんに連絡して処理してもらいました。


 今は、別の猟師さんが農園の周りにたくさんワナを仕掛けてくれて、バンバン捕獲してくれています。鹿やイノシ

 シの密度が下がってくれればいいのですが。




          全国的に野生鳥獣害が問題になっています。過疎化等で人が少なくなり、動物がだんだん里

          に下りてくるようになってきました。アフリカやアマゾンでは開発による環境破壊が原因と

          言われていますが、日本では、農地や山の管理放棄が原因だと思います。


          それはそうと、山には草や木はなんぼでもあるやろうに、人が植えたものを勝手に食うなよ

          と言いたい。(イノシシのくそったれについてはまた後日)



                                     ( おもとの丘の長老 )

           


閲覧数:32回0件のコメント