top of page

黄色い宝石 完熟かぼす出荷開始

(おもとの丘奮闘記2023-㉔)



朝晩の気温が下がってきて、かぼすの着色がずいぶん進んできました。まだ一部緑色を残しているかぼすもありますが、6割程度の果実は完全に黄色になっています。完熟黄かぼすの出荷を始めました。


以前から書いてきましたが、かぼすも他の柑橘類と同様に熟れると黄色くなります。過去、かぼすは一年中緑色で出荷しようという流通戦略できましたから、「えっ 黄色のかぼすってあるの?」と思われる方もおられると思いますが、大分県内では、時期が進めばかぼすは黄色くなるということは知られています。

(きれいに色づいたかぼす)


完熟になるとどうなる?  

かぼすは香酸柑橘(こうさんかんきつ:香りが良くて酸っぱい柑橘)ですから、通常、クエン酸を主とする酸は6%前後ありとても酸っぱいのですが、熟れるとこの酸が0.5~1%程減少し、また、糖分もやや増加するので、とてもまろやかな酸味になります。

酸っぱいのが苦手という人は、緑色のかぼすよりも黄色のかぼすの方が好きと言います。



  甘くはなりません、まろやかになります。

   生食用の柑橘(みかんやデコポン等)は、酸が1%前後で糖が12%前後ですから甘くておいしいの

   ですが、黄かぼすは糖もそんなに高くありませんし酸は依然として5%前後あるので、「まろやかな

   酸味」となります。


  果汁がたっぷり出ます。

   緑色のかぼすの出荷始めの頃(8月中旬)、かぼすを買っていただいたお客様から「果汁があまり出

   ない」という意見を頂くことがあります。しかし、この時期はかぼすが未熟な状態で全体の重さのう

   ち、果汁は20%前後しか含まれません。時期が進んで、緑かぼすの出荷のピークの9月中旬頃には

   果汁歩合は30~35%と増えてきます。一方、成熟した黄かぼすでは、果汁歩合は50%前後に増

   え、たっぷり果汁は出ます。



収穫、選果して消費者の皆さんへ 



(収穫作業)


 丁寧に収穫して、選果場に持ち帰ります。








(着色に差があり)


 それぞれの樹の着果量の差や樹の上部と下部で、色 

 づきに差が出ます。


 黄色く完全着色したかぼすだけを収穫すればよいの

 ですが、作業効率を考えれば非効率なので、全部収

 穫しています。


 緑果は別にして出荷します。



(選果作業)

  傷の有無などの外観によって、「標準品」と「お

  徳用」に分けます。


  きれいなものを「標準品」、多少難ありを「お徳

  用」として販売します。

  「お徳用」はちょっと外観が劣るのですが、中身

  は「標準品」と同じです。価格は割安になってい

  ます。



(箱詰め)


 「おもとの丘」オリジナルの出荷箱に入れ、消費者

 の皆さんへお届けします。



 ちなみに、完熟黄かぼすの品種は「大分1号」で

 す。種なしの「香美の川」は完売してもうありま

 せん。




      切ると果汁がにじみ出ます。              絞ると果汁がたっぷり滴ります。



 (とてもきれいな完熟黄かぼす ♡)     鍋やドリンクでお楽しみください。




          緑色のかぼすも完熟黄かぼすにも、それぞれに魅力があります。

          緑色かぼすの周年出荷は一つの流通戦略で、否定はしません。しかし、旬の露地出荷時期を

          外れると、販売単価は上がり購入者は業務筋に限定され、一般消費者は買えなくなります。

          季節の移ろいとともにかぼすの色も変わり、「ああもうこんな時期か」と思っていただくの

          も良いのではないかと思います。

          さあ皆さん秋ですよ。鍋やホットかぼすがおいしい季節です。


                                      ( おもとの丘の長老 )     



閲覧数:44回0件のコメント

Commenti


bottom of page