雨が少ない 一部の樹が弱っています

( おもとの丘奮闘記 ㉟ )



 おもとの丘では、かぼすやゆずの収穫はほぼ終わり、出荷も一部を除きほとんどの通販サイトは終了しました。

 おかげさまで出荷量は昨年を大きく上回り、スタッフ一同喜んでいます。

 ただし、栽培面での失敗や思わぬアクシデント、気象の影響など、「あれをこうしておけば」とか、「台風が来な

 ければ」など「~たら、~れば」の話がついつい出てしまいます。そんなことを今さら言ってもしょうがありませ

 ん。来年は同じ失敗をしないよう、十分に気を付けたいと思っています。



約2か月まとまった雨が降っていない 

                               (やや弱っている樹 : 葉が黄化し落葉) 


 気象データを調べてみると、9月の27日に50~60mmの雨が降ったのを最後に、約2か月間まとまった雨が

 降っていないのです。

 「かぼすやゆずは果樹だから、そんなに雨が降らなくても問題ないのでは?」と思われるかもしれません。たしか

 に、樹が大きくなって根が十分に張り、かつ土壌が深い場合、乾燥の害はほとんど出ません。一年生の作物である

 野菜や稲に比べ、乾燥に強い作物と言えます。



パラパラの雨ではあまり意味がない

 「時々雨は降っていたよ」という感想を持っている人もいるかもしれません。その後の雨の記録を追ってみると、

 10月7日に10mm弱、10月17日に約20mm、11月13日に約5mmの降雨がありました。

 しかし、この程度の雨では土の表面だけ濡れて、深くまで届かないのです。

 この雨の日以外は天気が良く、気温も高めに推移しました。土が乾燥しています。


           (葉に雫が)                  (3cm下はカラカラ)

 今日は雨

   この原稿を書いている今日(11月23日)雨が降っています。「よし、よし、これで一息つけるか」と思っ   

   たのですが、調べてみると10mm程度。土を掘ってみると、濡れているのは表面の2~3㎝程度でその下は

   カチンカチンのままでした。全然足りない!



幼木の乾燥の影響

 植えてから3年目までの樹を「幼木(ようぼく)」と呼んでいますが、この幼木の一部に乾燥の影響が出ていま

 す。幼木は地上部も地下部(根)も成長している途中で、根は十分に深くまで伸びておらず、乾燥には弱いので

 す。しかも悪いことに、9月の台風で樹が強く揺さぶられてしまい、細かい根(細根:水や肥料を吸収する根)

 がかなり切られてしまっているのではと推測されます。一部で葉が黄化した苗が見られます。




( 乾燥の影響が出た幼木園 )


 4番圃場:植え付け後2年目


 葉が黄化:おそらく落葉する

 (しかし、この程度では枯れない)







結果樹の乾燥の影響

 果実を成らせるようになった樹を「結果樹(けっかじゅ)」と呼び、おもとの丘では4年目と5年目の樹がこれに

 該当します。年々樹が大きくなり収穫量も増えていくのですが、8~10年頃になると収穫量がピークに達し、そ

 れ以降横ばいになります。これを「成園期(せいえんき)」と呼びますが、おもとの丘では、まだ成園期の園地は

 ありません。


 4~5年生とはいえ結果樹は、根の張りが幼木より深く乾燥にも比較的強いのですが、土の浅い園地大量に遅く

 まで果実を成らせた樹では影響が出ます。


 

( 遅くまで成らせたかぼすの枝 )


 果実の周辺の葉が黄化している


 もう少し早めに収穫すべきでした。

 黄かぼすにはこのリスクがあります。








水をやればよいのでは?

 乾燥しているのなら水をかければよいのでは?と思われる人がいるかもしれません。しかし、果樹栽培では水やり

 は非常に困難です。乾燥で瀕死の状態になった1~2本の樹を助けるのは簡単です。しかし、園地全体で何百本も

 の樹に水やり(潅水)することはできません。

 なぜなら、まず水の必要量が多いこと。5年生くらいの樹でも1本当たり50~100ℓの水が必要になります。ま

 た根が深いため、表面にかけただけではダメで、穴を掘るか特殊な金具で地下に水を送り込むことが必要になりま

 す。よって、自然の雨は大変ありがたいのです。雨も一気に降るのではなく、中くらいの雨が長く降るとスムーズ

 に土に浸透します。



〔 余 談 〕

  柑橘類の葉は寿命が1年半から2年程度とされ、健全な樹でも秋口から冬にかけて一部の葉が黄化、落葉しま

  す。そして4月になると新芽(春芽)が出て、葉の世代交代が行われるのです。

  しかし、今回の乾燥のように多くの葉が黄化・落葉すると、葉に蓄えられていた光合成による同化養分が不足し

  て来年の芽吹きや枝の伸長、花着きに影響します。その点を心配しています。




             秋も深まり、落葉樹は葉を落としつつあります。

             落ちるべき葉がひらひら落ちるのは風情があります。

             落ちてはいけない葉が落ちるのは寂しくなります。

             自然相手の仕事とはいえ、つらいなあ。

             来年はかぼすの樹が健やかでありますように。


                                 ( おもとの丘の長老 )    

閲覧数:7回0件のコメント